test

座学 ─ 充実したシラバス

シラバスは、大きく「座学」「実技」そして「ビジネス」の三つに分かれます。座学とビジネスは、eラーニングもしくは、ライブ配信で行われます。通学の負担、場所を問わず座学を受講することが可能となっております。

座学

レジスタンストレーニング理論

レジスタンストレーニング理論  (1)トレーニング基本用語とマナー
ねらい トレーニング基本用語を覚え、クライアントとのコミュニケーションを円滑にする。またトレーニングを行う上でのマナーを知り、実践することによって、他のトレーナーとの差別化を図る。
概要 「ラット」や「バイセップス」などの筋肉用語や、「ポジティブ」「ネガティブ」のような動作における用語を基礎から学ぶ。/パーソナルトレーニング中の道具の扱い方、周りの人への配慮の仕方を学習する。
ゴール トレーニング基本用語を覚える。トレーニング中のマナーの習得。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
レジスタンストレーニング理論  (2)トレーニングマシン&器具
ねらい マシンやフリーウェイト、その他のフィットネスアイテムの特徴を知ることによって、クライアントの目的に合わせた運動処方を作成できるようになる。
概要 ストレングス系マシン、カーディオ系マシン、ダンベル、バーベル、ケトルベル、チューブ、フォームローラー、フレックスクッション、BFRトレーニングベルトなどの名称と特徴、使い方をレクチャー。
ゴール トレーニングマシン&器具の名称と特徴を知る。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
レジスタンストレーニング理論  (3)目的別トレーニング
ねらい クライアントの様々な目的に合わせたプログラム作成ができるように、プログラム変数を学ぶ。
概要 「神経筋促通」「筋持久力」「筋肥大」「筋力」「パワー」の5つの段階のプログラム変数について。プログラム変数とは、1RMに対する%、回数、セット数、インターバルの時間である。
ゴール クライアントの目的に合わせた運動処方ができるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
レジスタンストレーニング理論  (4)部位別トレーニングと分割トレーニング
ねらい 的確にボディメイクやパフォーマンスが向上できるように、部位ごとのトレーニングを学ぶ。分割トレーニングを学ぶことで、バリエーション豊かなプログラムが作れるようになる。
概要 「胸」「背中」「肩」「腕」「臀部」「大腿」「下腿」「体幹」の代表的なトレーニング例の紹介。また分割トレーニングとして「2分割」「3分割」「4分割」「5分割」の組み方のレクチャー。
ゴール 部位別トレーニングと分割トレーニング例を知る。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画

パーソナルトレーニング理論

パーソナルトレーニング理論  (1)パーソナルトレーニングの歴史とニーズ
ねらい パーソナルトレーニングの歴史的背景を知ることは、今後活動していく上で必要不可欠なことである。パーソナルトレーニングの様々な業態、価格、システムを知る。
概要 パーソナルトレーニングの歴史/フィットネス業界でどのように発展してきたのか。またダイエット、アスリート、子ども、高齢者など様々なクライアントの種類があることをレクチャー。
ゴール パーソナルトレーニングのサービスをプレゼンできるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
パーソナルトレーニング理論  イアントとの接し方とパーソナルトレーニングの進め方
ねらい パーソナルトレーニングを遂行する上で、パーソナルトレーナーはどのような役割を果たすべきかを学ぶ。クライアントと正しく接する術を身に付け、成功するパーソナルトレーナーを目指す。
概要 パーソナルトレーナーの仕事は、クライアントの目標達成をサポートすること。そのために、「評価」「プログラム作成」「指導」「再評価」のサイクルを正確に遂行する。
ゴール クライアントの接し方とパーソナルトレーニングの進め方を覚える。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画

機能解剖学

機能解剖学(1)機能解剖学の勉強の仕方
ねらい 機能解剖学を学ぶことが、エクササイズ指導に不可欠であることを知る。
概要 機能解剖学の勉強手順は 1.骨、2.関節、3.動き、4.筋、5.エクササイズであり、それぞれの特徴を解説。
ゴール 教科書「身体運動の機能解剖」の上手な使い方、勉強方法のマスター。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(2)骨を206個覚える/関節
ねらい 骨の名称を覚えることは身体の学びのスタート地点である。基礎的知識を身に付けることはトレーナー自身の自信に繋がる。
概要 効率の良い骨の名称の覚え方をレクチャー。関節の種類(不動関節・半関節・可動関節)について。
ゴール 骨の名称を206個覚える。/関節の構造と機能を知る。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(3)動作
ねらい 動作(関節運動)を覚え、レジスタンストレーニングやストレッチ指導に活かす。
概要 屈曲-伸展、外転-内転、外旋-内旋のような関節運動について解説。エクササイズにおいて行ってはいけない動作を紹介。
ゴール 各関節の関節可動域を覚えることにより、危険を避けた効率よいトレーニング指導に繋げる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(4)筋活動
ねらい 筋活動を理解し、パーソナルトレーニング指導に応用する。
概要 コンセントリック筋活動、エキセントリック筋活動、アイソメトリック筋活動の特徴と、実際のエクササイズでどのように機能しているかを学習する。
ゴール 主要なエクササイズにおいて、どの局面が該当の筋活動であるかが分かるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(5)肩甲帯
ねらい 肩甲帯(肩甲骨、鎖骨)の筋の起始・停止・機能を学ぶ。
概要 僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、前鋸筋、小胸筋について。
ゴール 肩甲帯の筋の知識をパーソナルトレーニングに活かせるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(6)肩関節
ねらい 肩関節の筋の起始・停止・機能を学ぶ。
概要 三角筋、大胸筋、広背筋、大円筋、ローテ―ターカフについて。
ゴール 肩関節の筋の知識をパーソナルトレーニングに活かせるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(7)肘関節
ねらい 肘関節の筋の起始・停止・機能を学ぶ。
概要 上腕二頭筋・上腕筋・腕橈骨筋・上腕三頭筋について。回内グリップ・回外グリップ・中間グリップについて。
ゴール 肘関節の筋の知識をパーソナルトレーニングに活かせるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(8)手関節と手
ねらい 手関節と手の筋の起始・停止・機能を学ぶ。
概要 前腕屈筋群・前腕伸筋群・手指屈筋群・手指伸筋群について。
ゴール 手関節と手の筋の知識をパーソナルトレーニングに活かせるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(9)股関節と骨盤帯
ねらい 股関節と骨盤帯の筋の起始・停止・機能を学ぶ。
概要 大殿筋・中殿筋・内転筋群・腸腰筋・大腿筋膜張筋・縫工筋・薄筋について。
ゴール 股関節と骨盤帯の筋の知識をパーソナルトレーニングに活かせるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(10)膝関節
ねらい 膝関節の筋の起始・停止・機能を学ぶ。
概要 大腿四頭筋・ハムストリングス。様々なタイプのスクワットの力学的分析。
ゴール 膝関節の筋の知識をパーソナルトレーニングに活かせるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(11)足関節と足
ねらい 足関節と足の筋の起始・停止・機能を学ぶ。
概要 腓腹筋・ヒラメ筋・腓骨筋群・前脛骨筋・後脛骨筋・足趾伸筋群・足趾屈筋群について。
ゴール 足関節と足の筋の知識をパーソナルトレーニングに活かせるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
機能解剖学(12)体幹と脊柱
ねらい 体幹と脊柱の筋の起始・停止・機能を学ぶ。
概要 胸鎖乳突筋・板状筋・脊柱起立筋・腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋について。
ゴール 体幹と脊柱の筋の知識をパーソナルトレーニングに活かせるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画

運動生理学

運動生理学  (1)筋収縮とエネルギー供給系(第1章)
ねらい 身体を動かすベースとなる筋収縮とエネルギー供給システムを学ぶ。
概要 筋の種類と構造、エネルギー源、ATP産生3つのルート、運動の継続時間とエネルギー供給システムについて。
ゴール 食と運動を繋げるこの分野を理解することで、適切な運動指導をできるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
運動生理学(2)筋収縮の種類とその特徴(第2章)
ねらい 遅筋や速筋の理解、レジスタンストレーニングによってどのような変化が起こるかを学ぶ。
概要 筋線維の種類、筋線維組成、遺伝との関連、トレーニングによる変化、筋線維組成の推定について。
ゴール レジスタンストレーニングによってFTb線維がFTa線維に移行することを理解する。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
運動生理学(3)神経系の役割(第3章)
ねらい 神経系の分類や構造を学ぶことをトレーニング指導に繋げられるようになる。
概要 神経細胞の構造と種類、中枢神経、末梢神経、運動の調節の仕組み、運動単位、運動単位動員パターンについて。
ゴール レジスタンストレーニングの短期的効果は、神経系の改善によるものだと理解する。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
運動生理学(4)筋の収縮様式と筋力(第4章)
ねらい どのように筋力強化や筋肥大が起こるのかを学ぶ。
概要 筋の収縮様式、各筋収縮の特徴、トレーニングによる筋力の変化、神経系の改善、筋肥大、筋線維数の変化について。
ゴール エクササイズのコンセントリック・エキセントリック・アイソメトリック各局面の役割を理解する。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
運動生理学(5)運動と循環(第5章)
ねらい 心肺機能の基本構造を学びパーソナルトレーニング指導に活かせるようになる。
概要 心臓の機能と構造、血液の循環、血液成分、運動時における心臓の動き、毛細血管、トレーニングによる変化について。
ゴール 全身における血液循環のシステムを理解する。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
運動生理学(6)運動と呼吸(第6章)
ねらい 心肺機能の基本構造を学びパーソナルトレーニング指導に活かせるようになる。
概要 呼吸、肺換気、ガス交換、血液によるガスの運搬、呼吸商、酸素摂取量、酸素負債量、無酸素性作業閾値について。
ゴール トレーニング指導中の呼吸指導に繋げられるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
運動生理学(7)身体組成と肥満(第11章)
ねらい ダイエット指導に活かすための基礎知識を学ぶ。
概要 脂肪と徐脂肪、体脂肪率の評価法、肥満の判定、肥満のタイプ、最低体重について。
ゴール 科学的根拠をもってダイエット指導できるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
運動生理学(8)運動処方(第12章)
ねらい 運動処方の原則を理解し、体力そのものを包括的に捉え、どのように強化するのかを学ぶ。
概要 運動処方、健康と体力、運動の備えるべき条件、運動処方の実際について。
ゴール 有酸素運動の運動処方ができるようになる。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画

スポーツ障害

スポーツ障害  (1)急性外傷と慢性障害について
ねらい トレーニングによる外傷や障害を予防するための基礎知識を身に付ける。
概要 急性外傷や慢性障害はなぜ起こるのか?ルーの三原則と関連付けて、正しいトレーニングを学ぶ。
ゴール 主要な外傷・障害を判別し、応急手当や予防エクササイズを知る。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
スポーツ障害 (2)上肢のスポーツ障害
ねらい 上肢(肩関節・肘関節・手関節)のスポーツ障害を知り、その予防を学ぶ。
概要 腱板損傷、肩関節脱臼、内側上顆炎、外側上顆炎、コレス骨折、つき指など。
ゴール トレーニング中に怪我を発生させないことと、その予防法の実践。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
スポーツ障害 (3)下肢のスポーツ障害
ねらい 上肢(股関節・膝関節・足関節)のスポーツ障害を知り、その予防を学ぶ。
概要 膝蓋腱炎、腸脛靭帯炎、鵞足炎、オスグッド病、前十字靭帯損傷、半月板損傷、内販捻挫など。
ゴール トレーニング中に怪我を発生させないことと、その予防法の実践。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画
スポーツ障害 (4)脊柱のスポーツ障害
ねらい 脊柱(頭部・頚部・腰部)のスポーツ障害を知り、その予防を学ぶ。
概要 脳震盪、バーナー症候群、腰椎分離症、椎間板ヘルニア、恥骨結合炎など。
ゴール トレーニング中に怪我を発生させないことと、その予防法の実践。
講師 澤木 一貴
時間 15分
形態 動画

BFRトレーナーズ協会について

BFRトレーニング
ねらい BFRトレーニング協会について
1. BFRトレーニング協会
2. BFRトレーニング概要
3. BFRトレーニングの注意事項
4. BFRトレーニング協会の会員になるメリット
5. BFRトレーニング協会の年会費、保険
6. BFRトレーニング協会の退会について
概要 BFRトレーニングのメリット、デメリットを学習
ゴール BFRトレーニングについてクライアントに説明できるだけの知識を習得する
講師 山本 義徳
時間 45分
形態 動画・テキストブック

BFRトレーニング

BFRトレーニング
ねらい BFRトレーニングに関する基本知識の習得
1. BFRトレーニングとは
2. BFRトレーニングのメリット
3. BFRトレーニングの危険性
4. BFRトレーニングベルトについて
5. BFRトレーニングを用いたトレーニング
概要 BFRトレーニングのメリット、デメリットを学習
ゴール BFRトレーニングについてクライアントに説明できるだけの知識を習得する
講師 山本 義徳
時間 45分
形態 動画・テキストブック

栄養学

栄養学
ねらい 五大栄養素に関する基本知識の習得
1. 炭水化物について
2. タンパク質について
3. 脂肪について
4. ビタミンについて
5. ミネラルについて
概要 五大栄養素それぞれの働き、作用、摂取方法などの学習
ゴール 五大栄養素についてクライアントに説明できるだけの知識を習得する
講師 山本 義徳
時間 15分
形態 動画・テキストブック

食事の考え方

食事の考え方
ねらい 糖質制限や筋肥大・筋力向上、ダイエットを成功させるための食事内容の習得
1. 糖質制限について
2. 筋肥大・筋力向上の食事
3. ダイエットのための食事
概要 各目的における具体的な食事内容、その理由について学ぶ
ゴール クライアントに求められるさまざまな目的に対処可能な食事に関する知識習得
講師 山本 義徳
時間 15分
形態 動画・テキストブック

サプリメント

サプリメント
ねらい 各目的における具体的なサプリメント摂取方法、それぞれのサプリメントの作用
1. アンチエイジングのためのサプリメント
2. 筋肥大・筋力向上のためのサプリメント
3. ダイエットのためのサプリメント
概要 アンチエイジングや筋肥大・筋力向上、ダイエットを成功させるサプリメントについて学ぶ
ゴール クライアントに求められるさまざまな目的に対処可能な食事に関する知識習得
講師 山本 義徳
時間 15分
形態 動画・テキストブック

Page Topへ